【A】 調  剤

薬剤師の代表的業務 調剤業務

 薬剤師の最も代表的な業務は調剤です。「調剤」は、簡単に言えば「医師や歯科医師などの”処方せん”に基づいて、処方された薬を処方された分量計って、患者さんの病気を治療する薬剤を調整すること」です。
 しかし、現在では、医師の処方せんどおりに薬を正確かつ迅速に調製するだけでは十分とはいえません。薬の有効性、安全性を確保して適正な使用を推進するために、処方された薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて、患者さんの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況などをまとめた記録(薬剤服用歴の記録)と照合したり、患者さんとの対話で疑問点があれば処方せんを出した医師に照会したうえで調剤することが必要となっています。調剤した薬はそのままでは単なる物ですので、その物が薬として適切に服用されるためには、個々の患者さんに合わせた服薬指導を行わなければなりません。また、処方せんを出した医師にも必要な情報を提供することが求められるようになってきており、こうした業務を行うに当たって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。

薬剤師の代表的業務 調剤業務

 また、最近では、病院勤務薬剤師の場合、薬剤部門内での調剤業務に加えて、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度を測定したり、医師や他の医療スタッフと供に入院患者さんの病床に出かけ、薬剤師が直接患者さんに対して使用している薬についての服薬指導を行ったり副作用のチェックなどを行う臨床活動も活発になり、チーム医療の一員として活動しています。
 街の薬局でも、薬局の調剤室内での調剤業務に加えて、寝たきり老人など在宅患者さんの家庭を訪問しての服薬指導や薬の管理指導などを行う在宅医療業務も行っています。

 これらの業務は、いわゆる病院薬剤師、開局薬剤師の主な業務です。

【B】 医薬品の供給

 医薬品の製造、輸入、流通、販売なのすべてに関わり医薬品の保存、管理、試験などの薬学専門技術者として、その適正と安全を保つ役割が求められています。

 医薬品の製造・輸入企業、卸売業、薬局・薬店の薬剤師が、それぞれの立場でこの業務を行い、医薬品の製造から、消費者のみなさんの手に渡るまでを管理して、国民の健康に貢献しています。

【C】 薬事衛生

 薬学の知識に基つ゛いて処理すべき衛生上の次のような事項について、薬剤師が業務を行っています。
 (イ) 医薬品・医薬部外品・化粧品・及び毒物劇物の製造、輸入、販売、授与、管理、保存、試験等
 (ロ) 食品衛生及び環境衛生関係の化学的な試験・研究 その他
 (ハ) 日常生活における薬などの使用に関する相談・助言等
 これらの業務は、あらゆる部門で従事する薬剤師に該当するもので、それぞれの立場でその業務を行っています。

 それぞれの分野での薬剤師の具体的な仕事についてご説明します。 

<病院の薬剤師>

<病院の薬剤師>

 医療機関(病院・診療所(医院))で、医師の処方せんに基づく薬の調剤はもちろん、薬の副作用や併用(飲み合わせ)による弊害などのチェック、患者さんに適切な薬の飲み方の説明や指導、服薬状況等をまとめた記録(薬剤服用歴の記録)の作成、入院患者さんの病床へ出かけて直接患者さんに対して使用している薬についての服薬指導や副作用についてのチェック、注射薬の管理などを行います。
 さらに、薬についての様々な情報を収集し医師に提供する医薬品情報活動、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度の測定なども行います。

<薬局・薬店の薬剤師>

<薬局・薬店の薬剤師>

 医薬品などの販売や、医薬分業が進んできた現在では、病院薬剤師と同様に医師の処方せんに基づく薬の調剤はもちろん、薬の副作用や併用(飲み合わせ)による弊害などのチェック、患者さんに適切な薬の飲み方の説明や指導、服薬状況等をまとめた記録(薬剤服用歴の記録)の作成により、患者さんが複数の医療機関にかかり処方せんをもらった場合の重複投薬のチェックや市販の薬との飲み合わせのチェックなどを行います。
 最近では、寝たきりの患者さんの家庭を訪問し、服薬指導や薬の管理指導などを行う在宅医療業務も行っています、介護保険についての相談窓口としての仕事もはじめました。
 いわゆる大衆薬の販売を通じてのセルフメディケーション(自己治療)の手助け、調剤による医療機関の一翼をになう役割を果たしています。

 薬店(一般販売業)では、調剤はできませんが、いわゆる大衆薬の販売を通じてのセルフメディケーション(自己治療)の手助けを行っています。

 その他、薬剤師としての知識・技術を生かして薬物乱用防止運動や健康増進に関する運動などに関する仕事にも参加しています。

<製薬企業の薬剤師> 

<製薬企業の薬剤師> 

 医薬品の製造に関する責任者として、製造現場で製造管理や品質管理、研究分野で新薬の開発研究などを行いっています。
 また、医薬品に関する様々な情報の収集・管理を行うと共に、医療機関や薬局を訪問して、使用する医師や薬剤師が適切に使用や販売できるよう専門的な情報の提供を行っています。

<卸売業の薬剤師> 

<卸売業の薬剤師> 

 医薬品の保管・販売の責任者として、適正な保管・販売管理や品質管理を行うと共に、使用する医師や薬剤師が適切に使用や販売できるよう専門的な情報の提供を行っています。

<行政機関の薬剤師>

<行政機関の薬剤師>

 県や市などの行政機関で、薬事、食品衛生、環境衛生、公害・環境などに関する行政や、研究機関で試験研究などの仕事を行っています。

 [ 学校薬剤師]  

 [ 学校薬剤師]  

 学校薬剤師とは、学校保健法第16条により大学以外の全国の小中高、盲学校、聾学校、養護学校などに置くこととされており、学校における保健管理に関する 専門的事項に関し、技術及び指導に従事するとされています。
 多くは、開局薬剤師が県や市町村の教育委員会から委嘱されて務めています。
 主な職務の内容は、
 (1) 学校保健安全計画の立案に参与する
 (2) 学校で使用する飲用水、プ−ルの水質検査や消毒
 (3) 水道、水泳プール、給食施設及び設備の衛生指導
 (4) 教室内の照度、換気の検査
 (5) 学校で使用する医薬品、毒物・劇物などの管理指導や検査鑑定
 (6) 児童・生徒や教職員に対する薬の正しい使い方などの指導
 (7) 喫煙・飲酒・薬物乱用防止などについての指導助言
などで、環境衛生・薬事衛生・公衆衛生などについて薬剤師としての専門知識・技術を生かして、学校に対して指導助言を行い、児童生徒や職員の健康の保持増進を図る重要な職務といえます。

〔災害時の医療支援など〕

地震・台風などの大規模な災害が発生した場合に優先されるのは人命救助に加え、負傷者への救護活動です。
 被災した自治体では、医療機関や学校、集会所等で救援活動を行い、救護所や避難所も設置されます。
 救護所などでは、医師、看護師に加えて地域の薬剤師も医療チームに参加して救護活動を行います。
 また、これまでの大規模震災等では、被災地外の薬剤師がボランティアとして被災地での救護所や避難所で救援物資として届けられた薬や医療品等の仕分けや保管、避難者への配布、薬などの相談に応じたり、避難所なでの衛生管理、飲料水の検査など薬剤師としての知識経験を生かした活動を行っています。

薬剤師の仕事 | 公益社団法人 高知県薬剤師会

 高知県では、薬剤師会の代表が高知県災害医療対策本部役員として参加し、また、福祉保健所毎の災害医療対策支部には、各支部長が委員として参加して高知県の災害時の医療対応について協力しています。
 さらに、高知県薬剤師会では、「薬局・薬剤師の災害医療救援活動マニュアル」を作成し、全会員に配布して薬剤師が災害時に役立つことができるよう努めています。
 全国的には、「日本災害医療薬剤師学会(JPSDR)」などで、災害現場で活動できる薬剤師の養成等にも取り組んでいます。

HOME|個人情報保護ポリシー|もどる
公益社団法人高知県薬剤師会
〒780-0850高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL088-873-6429FAX088-822-8734
Copyright(C)2018kochi-kenyaku.or.jpAll Rights Reserved.