薬薬連携(やくやくれんけい)について

「薬薬連携」とは、病院・診療所と保険薬局の薬剤師が情報を共有し、患者さんが入院してからも、退院してからも安全で充実した医療を受けることができるように連携することです。
つまり、患者さんの情報をお互い交換しあって共有し、同じチームとしてより質の高い薬物療法を提供しようということです。医師で例えるなら、診療所やクリニックの医師と病院の医師が紹介状で患者さんの病状や検査結果などについてやりとりするといったことです。



共有する情報は、入院前に使用していた薬剤、アレルギー情報、入院中に追加や変更となった薬剤、一般用医薬品や健康食品、薬の服用状況等です。情報の共有方法には手紙、電話、FAX、メール等様々な選択肢が挙げられますが、最も活用して頂きたいのは「お薬手帳」です。現在では、多くの方のご理解を頂き、順調に普及しております。

お薬手帳を活用することで、患者さん自身だけでなく、医療従事者も様々な診療科の薬や一般用医薬品、健康食品、アレルギー等の情報を簡便に共有することが可能です。お薬手帳の新たな活用方法として、外来で抗がん剤の治療を受ける患者さんが多くなる中で、抗がん剤の治療計画(レジメン)についても情報を院外の薬局へ提供する取り組みも行われています。これらの情報を共有することで飲み合わせの悪いお薬や重篤な副作用の確認などを行うことが可能となります。

薬薬連携のメリット

外来通院治療を行う上で、患者さんへの適切な薬剤治療の提供とその安全性を確保していくために、病院・診療所と地域の保険薬局との情報共有が不可欠となります。しかし、保険薬局において治療内容を知る術が処方せんしかなく、治療の全体像を知ることは困難です。

薬薬連携を実践することで、かかりつけの保険薬局の薬剤師が、注射薬抗癌剤の治療スケジュールの把握や副作用の確認、注射薬と内服薬(のみぐすり)の相互作用等をチェックすることができるようになります。
いち早く患者さんの状態を知ることで、安全に治療を進めていくことができます。それに加え、お薬相談にものりやすくなる等のメリットも出てきます。
もし何か問題点があれば、かかりつけの保険薬局から病院・診療所へ情報をフィードバックすることで、主治医にその情報を伝えることができ、次回の診察に反映することができるようになります。

高知県薬薬連携シート

〜薬剤師のみなさまへ〜
現在、県内では「高知県薬薬連携シート」を運用中です。
シートを使用したうえでのご意見等がありましたら、高知県薬剤師会までFAXにてご連絡ください。

薬薬連携シートダウンロードは詳しくはこちら

アンケート

令和元年度 地域連携調査(薬局)

HOME|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
高知県薬剤師会事務局
〒780-0850
高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL:088-873-6429
FAX:088-822-8734

e-Mail お問い合わせはこちらから
情報センター
〒780-0850
高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL:088-820-5011
FAX:088-820-5010

e-Mail お問い合わせはこちらから
会営薬局
〒780-0850
高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター1F
TEL:088-824-2735
FAX:088-824-4013

営業時間
月〜金 20:00〜23:00 土 20:00〜8:00
日祝祭日・年末年始9:00〜22:00

もどるTOP ↑

Copyright(C)2021kochi-kenyaku.or.jpAll Rights Reserved.